[対策]騒音被害に対応する前に、知っておいて欲しいこと!

2019年6月23日

隣の部屋の壁をコンコンしてみる
隣の部屋の壁をコンコンしてみる男性

毎月の家賃を下げようと引っ越した、安い賃貸物件。

しかし、住みはじめてみると、他の部屋から騒音が!!!

本当に、辛いですよね!

 

「眠りたいのに、うるさくて寝られない。」

 

休みの日にゆっくりしていたら、他の部屋から「知り合いを連れてきた住人の騒ぐ声が・・・」

 

寝ていたら「夜中だし、さらに壁が薄いのに」大音量でTVを付けられた。

 

建物の外壁が薄いのか「近所で話す人の会話」がハッキリ聞こえる物件を選んでしまった!

 

私には、そんな経験があります。

今まで引っ越した回数11回(汗

 

 

今あなたが、他の部屋の騒音で悩んでいるなら、何か、対策が必要ですよね?

この記事では、私が騒音の被害にあった時に、[調べたこと]、[やったこと]をまとめました。

あなたも、快適な毎日をすごせるように頑張りましょう!

 

今が本当にツラいなら、少しだけ頑張れば、変えられますよ。

 

騒音の対処法で解決しない場合は、防音性能が高い部屋へ引っ越すことがよい場合もあります

 

新しく賃貸物件を探すときの参考にどうぞ

騒音に悩まされたときの対処法

 

基本的には、順番通りにやっていくと良いですね!

騒音の元を確認する

隣の部屋の騒音がうるさくて壁をドンドンと叩いたら逆に叩き返された…という経験をしたことがある方も、いるでしょう。

よくある勘違いで、じつは隣の部屋ではなかった!!!

そんな事を、賃貸物件を管理している「大家さん」や「管理会社」から聞きました。

 

音がする方向は意外と間違えやすく、音のする方向を確かめずに行動をするとトラブルになってしまいます。

騒音に悩まされたときには「騒音の元が、どこか」を確認することが大切!

 

壁を叩いたり苦情を入れる前に、間違いなくその方向から音がするのかしっかり確かめましょう。

騒音を発生させていない部屋に苦情を入れても、解決になりません。

 


[参考](わたしが)騒音を管理会社に伝えてみた時のこと。

 

(わたしが)騒音を管理会社に伝えてみた時のこと。

管理会社に電話で苦情をいれたら「(騒音主から)逆に苦情をいわれました。」と聞かされビックリ!

私が、1回目に苦情をいれた後に「騒音のお知らせとお願い」という紙を(私以外の)全住民のポストに入れてくれたのですが・・・

 

お知らせをポストに入れたその日に、騒音主から「私ですか?静かにしてますよ!」と電話がきそうです。

(普通、関係ないと思う人なら、わざわざ電話しないですよね?)

 

なので私は、徹底的に「どこから騒音が聞こえるのか」を毎日調べました。

絶対、隣の部屋だと思っていたからです。

 

ちなみに、私が隣の部屋の住人にウルサイと思ったことは、

・鼻歌

・かかとでドンドンと歩く

・いびき

・寝言

・深夜に(3~4時頃)仕事にでかけるようで、玄関ドアが「キューっ」と鳴ること。←油(クレ556とか)をさせば解決なのですが。

・仕事に行くときの車のドアを全力で閉めている。(深夜3~4時です)←他の住人のドアを閉める音は、気にならない大きさです。

不眠症気味で、何とかしないと自分の心も身体もキケン!

 

なので、自分でいろいろ対策をしてみました。

 


(隣の部屋の騒音主が)帰ってきたら、外に出て「さりげなく」電気がついているか確認

隣の部屋の電気がついていなかったら、ただの私の勘違いで、苦情を言ってしまうので。

(勘違いで苦情を出すのを避けるためです。)

 


耳栓を購入して寝るときにも使用

思っていたより[安くて、効果があります。]

私は、このお試しセットで(自分に合う)耳栓を買いました!

 

 

寝る時以外には、良いですよ。 (付けたまま寝ると、寝づらい、外れるので)


睡眠導入剤を試す

眠る1時間くらい前に飲む錠剤です。

薬が効き始めると、一気に眠気がきます。

睡眠導入剤を使うときの注意ポイント

・薬を飲む前には、完全に「火のもと」や「今日、やらなければいけない事」を終わらせてから!

本当に、何もできないくらいに眠気がきます。

 

・毎日、使用しない

毎日、睡眠導入剤を使っていると「効きにくく」なります。

「あれっ?なんだか最近、効きにくいな。」と思ったら、使うのをやめてみましょう!

 


ウルサイと思った時に、「本当に、本当に」軽く、指1本くらいの力で壁をコンコンしてみる

(非推奨)

・薄い壁だと、穴があき部屋を退去するとき自分が困る。

・叩き返されてトラブルになる。

(賢い人なら、コンコンされた事に気づいたら、静かにしてくれます)

 


大家さんや管理会社から注意してもらう

自分で注意しに行く前に、相談してみましょう。

直接、騒音を出している(と思っている)人に苦情を言いに行って、トラブルに発展!

そんな事例は、世の中にたくさんありますから。

 


警察に相談する(賛否両論)

・どう考えても、ウルサイと思ったら。

・毎日、毎日、夜中まで騒いでいる!

そんな時は、通報しましょう。

 

騒音で通報しようと思ったときに。

・町の交番などに直接相談に何回も行くと、警官によっては対応が雑になります。

(警察官も人間です。忙しいとか、面倒に思い始めるなど)

 

・本当に対応してもらいたい時は110番ですね。

通報を受けて、命令をされた警察官は、現場に行く義務があります。

 

・流れ的には、「事件ですか?事故ですか?」と聞かれるので、「騒音です。」と答えれば大丈夫です。

通報を受ける人も慣れていますので、順番に聞いてくれます。

 

常識がある人や、ちゃんと反省する素直な人なら静かになります。

しかし、一時的な最終手段ですかね。。。

本当の解決ではないので、①~➆をやってみるのが、おすすめです!

まとめ:それでも騒音が収まらないなら。

引っ越すのが1番早く、効果があります。

 

しかし、住み替えるには「お金」も「体力」も使います。

それに、気に入った環境だったり、時間が取れなかったりだと。。。

「どうしよう」ってなりますよね?

 

ですが私は、引っ越すのをおすすめします!

ずっと「こんな生活を続ける」のは嫌ですから。

 

「引っ越すのは、逃げる訳じゃない」

と自分を正当化しちゃいましょう!

 

楽しいことを考えて、新しい生活をはじめましょう。

 

頑張って行きましょうね!

祝い金がもらえる賃貸情報サイト「キャッシュバック賃貸」

 

引っ越しを考えたら、参考にどうぞ!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

Posted by カツサンド